女の運命が変わる美容サイト

ジラウロイルグルタミン酸リシンNaはどんな成分

shutterstock_361236557
①成分説明
ジラウロイルグルタミン酸リシンNaは旭化成が開発した成分で、主にシャンプーなどに使われています。分析すると、N-ラウロイル-Lグルタミンさんとリジンとの縮合物になる、ナトリウム塩水溶液となり、分かりやすく言えば、脂肪酸とアミノ酸を使った界面活性剤です。最近になって開発された成分です。いままではセラミドが髪への浸透成分として知られていましたが、ジラウロイルグルタミン酸リシンNaはセラミドより高い浸透成分を持ち、同時に補修もしてくれるということで、注目が集まっています。
毛髪にダメージがある人にはとてもおすすめですし、シャンプーでコーティングされたジラウロイルグルタミン酸リシンNaは、カンタンに流れ落ちることがないので、今マテよりも大きな効能を期待できるのです。
化粧品にジラウロイルグルタミン酸リシンNaを取り入れるのはまだそこまで多くはありませんが、これからどんどん増えていくと期待されています。

②成分分析・この成分の一般的な用途
毛髪補修・保湿成分

③特長・お肌への働き
ジラウロイルグルタミン酸リシンNaは浸透力が高く修復効果があるとして注目されています。

■界面活性剤であるため、汚れを落とすのに効果があります。そのため、シャンプーや洗顔料に使われます。

■汚れを落とすだけでなく、表面についているキズなどを修復する力がありますので、傷んだ肌への補修に役立ちます。

■植物や食品由来の成分ですので、人体に影響が少ない安全な成分です。

④成分効果(箇条書き)
洗浄/界面活性剤/補修成分

ステアリン酸スクロースはどんな成分

■ステアリン酸スクロースとは?

ステアリン酸は脂肪酸、スクロールはショ糖のことを指します。ショ糖の脂肪酸エステルからなる非イオン性界面活性剤。乳化作用や分散作用があり、肌のキメを細かく整えなめらかにする働きがあります。また光沢のあるやわらかな感触に改良したりする効果を目的に配合されていることが多くあります。

■特徴・肌への働き

ステリアン酸スクロールを分析すると、乳化作用や分散作用の効能があることが解り、肌のキメを細かく整える働きも証明されました。この特性を生かし多くの化粧品にも配合されています。

また光沢をもたらす効果が期待できることから、シャンプーなどにも配合されるようになりました。安全性は人によりアレルギー反応を起こしてしまう場合があります。飲んでしまった場合、下痢・嘔吐・胃腸痛などのアレルギー反応を起こす場合があります。

しかしステリアン酸がもたらす効果は大きく、多くの化粧品に配合されているのも事実です。ステリアン酸が配合されている化粧品などを使う場合は十分に注意して使うようにしましょう。

PR!脱毛 vラインをしたいと思う女性へおすすめのVライン脱毛サロンランキング

Copyright(c) 2016 女の運命が変わる美容サイト All Rights Reserved.